AMAZONのFBA在庫データをスプレッドシートに集計して余剰な在庫保管料を削減する

以前にAMAZONセラーアカウント管理者向けに AMAZON広告のデータ集計、データポータルで可視化する事例についてお話しました。
今回は、セラーアカウントの各取引、FBA在庫、FBA在庫保管手数料のデータ集計を、スプレッドシートで効率良く管理する方法をご紹介します。

FBAを利用されているAMAZON出品者にとって、「AMAZONフルフィルメントレポート」は見るべき箇所が多く、何だか良く分からない項目も多いのではないでしょうか。

AMAZONセラーセントラル内でどこに何があるかすべて理解されているセラーの方は、ほとんどいないと思いますが、今回は在庫関連で重要だと思われるデータに絞って、レポートの種類とその集計手順を下記にまとめました。

トランザクションレポート

まず、AMAZONの全取引項目が記録されているトランザクションレポートです。
セラーアカウント内の下記の場所で、データをダウンロードします。

お勧めの作業頻度は、月初に先月分をダウンロードして貼り付けです。

そして、このデータをスプレッドシートに貼り付けていきます。
「トランザクション」用のタグに先月までのデータを集計して、その下の行に追加します。

この時に同じタブ内の右側のスペースに、商品名、SKU、ASINごとの売上を月別に集計した表を用意します。
※数式「sumif」を利用して自動的に表示されるようにします

こうすることで、月別の商品販売数、売上等が一目で見れるようになります。
余白スペースに上から順番に、販売額、販売数量、販売手数料・・・を数式「sumif」で集計した表を並べることで1枚のシートに重要な情報を集約できます。

在庫照合レポート

今度は在庫関連のデータです。あまり知られていないでしょうか。
セラーアカウント内の「フルフィルメント」の配下にあり、データをリクエストすると出力されるのでそこでダウンロードします。
お勧めの更新頻度は同じく月初に先月分を追加貼付です。

【AMAZONセラーアカウント内作業手順】
次月5営業日後に先月分のレポートが見れるようになります
①レポート>フルフィルメントを選択します
②在庫照合レポートを選択します
③ダウンロードタブを選んだ後に選択する。期間は3/1-3/31など1日から1ヶ月間ずつ設定します
④CSVリクエストをします
⑤しばらくすると表示されるので、ダウンロードします

次に、スプレッドシートに貼り付けていきます。

同じように先月までのデータに追加で貼り付けますが、日付の区別がないので、A列に手動入力します。

トランザクションレポートは月初の日付でしたが、在庫データは末日にするのが良いです。
間違いやすい注意点として、必ず列項目が過去分とずれていないか確認します。
特にA列は日付を手動入力するので、ダウンロードデータをB列以降に貼り付ける段階で間違いやすいです。
このあたりは表やグラフに可視化する際に気づけますが、時間がかかってしまうのでデータを貼り付ける際に意識的に確認するようにしましょう。

そして、トランザクションレポートと同じように右側にsumifを用いて集計表を商品×月別に並べることで、在庫個数が把握できます。

在庫保管手数料レポート可視化

今度は各商品の在庫保管手数料のデータです。
セラーアカウント内の「フルフィルメント>支払い/ペイメント」の配下にあります。同じように、データを月に1回ダウンロードします。

【AMAZONセラーアカウント内作業手順】
次月5営業日後に先月分のレポートが見れるようになります
①レポート>フルフィルメントを選択します
②支払い/ペイメント>在庫保管手数料レポート(月次)を選択します
③ダウンロードタブを選んだ後に選択する。期間は3/1-3/31など1日から1ヶ月間ずつ設定します
④CSV形式でリクエストをします
⑤しばらくすると表示されるので、ダウンロードします

スプレッドシートに貼り付ける際に、今度はR列に日付が記載されているのを確認します。
このままでは集計で紐付けられない場合は、手動で末日に変更します。(Feb21→2021-02-28)
そして、右側のスペースにsumifで商品×月別の在庫保管手数料を表に集計します。

このようにすることで、FBAで毎月何個の在庫が残り、保管手数料がいくらか明確に分かります。
以前は過剰に保管料が請求されて気づかなかったのですが、ここで可視化できてからは、いつ補充すれば良いかが分かり、収支がかなり改善されました。

AMAZONへの手数料をたくさん支払っているセラーの方もきっと数万円の経費削減に繋げることができるはずです。

まとめ:在庫保管手数料を可視化することで、すべてのFBA利用セラーの方が経費削減できます

以上、スプレッドシートでAMAZONデータを集計する方法をご紹介しました。

当ブログではデータポータルで可視化する方法を多数お伝えしていますが、今回はスプレッドシートで完結するので、一手間減ることで管理もしやすくなっています。

AMAZONのFBAを利用されているセラーの方に取って、確実に在庫保管料削減、判断の高速、効率化に繋げられるかと思いますので、是非試されることをお勧めします。

最新情報をチェックしよう!