Googleアナリティクスのアドオン機能でスプレッドシートへデータ出力、グラフ化する方法

「Googleアナリティクスのデータは多くて見るのが大変だ」
「週別や月別、チャネル別やページ別を一回一回切り換えて、データチェックするのに時間がかかる」

社内のWEBサイトの流入状況などをGoogle Analyticsで確認する時に、このような悩みが起きてきます。

こんな方にとって、Googleアナリティクスのアドオンでスプレッドシートへ自動出力できるのはありがたい機能です。
本記事では、そのスプレッドシートへ出力する方法と、表やグラフにレポート化する方法をご紹介します。

GoogleアナリティクスのAPIのアドオンのインストール

Googleアナリティクスが開設されたGoogle IDで
スプレッドシートを開いてアドオンをインストールします。

そして、Google IDの認証画面から連携の許可を求められるので、
「許可」を押せばアドオンのインストールに成功します。

Googleアナリティクスのアドオンの設定

アドオン画面を見ると、3つの項目が出てきます。

それぞれの主な使い分けは下記のとおりで、アドオンを設定する際に頭を捻るのは①Create new reportの部分です。

Google Analyticsツールバー「アドオン」内の各項目

①Create new report:出力したいデータのディメンション、指標、期間、セグメントなどの項目を設定できる
②Run reports:①で設定したレポートを走らせるときに押す(その時くらいです)
③Schedule reports:①で設定したレポートを自動的に出力したい時に使う

「①Create new report」をクリックすると、下記のようなレポート作成画面がスプレッドシートの右側に現れます。

<「①Create new report」を押した後の入力画面>

ここで出力したいレポートの設定を行います。

アドオン①Create new report内の設定項目

①Name your report

作成したいレポートの名前を入力します。後から変更可能です。

②Select a view
読み込みたいGAのアカウント、プロパティ、ビューを選びます

③Choose configuration option
ここで「④Metrics(指標)」「⑤Dimension(指標)」「⑥Segments(セグメント)を設定します。

④Metrics:GAの指標で、セッション、ページビュー数、直帰数、目標完了数などを指定できます。

⑤Dimensions:データを切り分けたい軸を指定します。デバイス、日付、ユーザータイプなどがあります。

⑥Segments:

    GAに登録されているセグメント(デフォルト、カスタムの両方)を指定できます。「自然検索のみ」「新規ユーザーのみ」などのセグメントでデータを抽出できます。

⑦Report Configurationからレポートを出力

①Create new reportを入力して、一番下のボタン「Run Reports」を押すと
新たなシート「⑦Report Configuration」と今までの入力内容の表が表示されます。

ここでMetrics、Dimension、Segmentsの欄を見ると、先程「①Create new report」内で入力した表記と少し違っています。
これは、各項目がAPI側の表記に変換された為です。

<⑦Report Configurationの出力結果>

ここで「⑦Report Configuration」のシートに入力する表記文字列を使いこなすことができれば、上記で述べてきた①Create new report」を押して開いた画面で作業を行わなくても済むようになります。
なぜなら、⑦Report Configurationでそれぞれのコードを入力をして、ツールバーの「アドオン」→「Google Analytics」→「②Run reports」を選んでクリックすれば、それだけで対象データが別のシートに出力されるからです。

「①Create new report」と「⑦Report Configuration」の項目対照表

もう一度まとめると、「④Metrics(指標)」「⑤Dimension(指標)」について①と⑦で設定できる箇所があり、それぞれ④、⑤の表記が異なっています。

①Create new report」と「⑦Report Configuration」の違い

①Create new report→ツールバー「アドオン」からクリックすることで現れる各項目の設定画面
⑦Report Configuration→スプレッドシートのシート上だけで編集して完結できるようになっている設定一覧項目の表

その表記の違いの一覧は下記のとおりです。

④Metrics(指標)の表記の違い

①Create new report⑦Report Configuration
セッションSessionsga:sessions
新規ユーザーNew Usersga:newUsers
直帰率Bounce Ratega:bounceRate
離脱Exitsga:exits
ページ滞在時間Time on Pagega:timeOnPage
目標 XX の完了数Goal XX Completionsga:goalXXCompletions

⑤Dimension(指標)の表記の違い

①Create new report⑦Report Configuration
日付Datega:date
年月Month of yearga:yearMonth
参照元/メディアSource / Mediumga:sourceMedium
デバイスDevice Categoryga:deviceCategory
ページPagega:page
ユーザータイプUser Typega:userType

このことを考慮して④Metrics、⑤Dimensionの表記の違いを理解できれば
設定する時に毎回混乱せずに済みます。

そして設定したところで「Run Reports」を押せば、GAのデータがスプレッドシートに出力されます。
完了したタイミングで、「成功しました」という英語表記の表示が現れます。

グラフ化して見やすくする

このままダウンロードしてExcelで整形しても良いのですが、後で記載する自動化を考えると、スプレッドシート内でグラフを作成しておいたほうが、手間が省けて便利です。
スプレッドシートで出力されたデータを選択して、グラフのアイコンボタンをクリックします。


この時に、データの先頭行が1行目ではなく16行目となります。
今のところ構成は変わっておらず、範囲を「A16:G2000」など固定化して問題ないです。

こうして集計データに基づくグラフが作成されました。

ピポットで集計表を作成する

ピポットによる集計表も同じシート内に作成することができます。


範囲を指定して「ピポット」を選択すると、データの範囲を指定する画面が出てくるので、「A15:F1000」などデータ量に応じて十分な行数を指定します。

そして、「行」「列」「値」を見たいデータに応じて調節します。

このようにすることで、今まで手動で集計作業を行っていた時と比べて作業時間が短縮されて、肝心の分析と改善判断に意識を集中させることができるようになります。

実際に、今回の方法で出力したスプレッドシートのテンプレートを保存しましたので、コピーして所有サイトのGoogle Analyticsデータの出力、グラフ化にお使いください。

【自動化】アドオンを定期的に作動させて最新データを出力する

手動でうまくいったので、次にアドオンによるスプレッドシートへのGAデータ出力を自動的に行う方法についてです。
自動化することで常に最新のデータが更新されて便利です。
この設定を行うことをお勧めします。

■アドオンからスケジュール設定を行う
③Schedule reports」をクリックして設定画面を開きます。

Enable reports to run automatically. のチェックボックスにチェックを入れて、頻度と時間を指定します。
(下図は「毎日4-5時」に自動作動するように設定)

これで常に最新のGAデータがスプレッドシートに出力されるようになりました。

分析作業を効率化する為にも、それまでのデータ集計は時間をかけずに行いたいですね。
使いこなせればとても便利な機能ので是非試してみましょう。

最新情報をチェックしよう!