GA4でHTTP404のページを個別のイベントで設定する

Google Analytics4 でサイト内のページステータス「HTTP404」だけを記録する設定方法をご紹介します。
当サイトで設定してうまくいった方法を元に説明します。

※GA4の研究は仕様のアップデートとともに常時行っており、今より良い方法が見つかれば本記事も更新していきます。

HTTP404とは

「HTTP404」もしくは「404 not found」と呼ばれるのは、WEBサイトのサーバーが返すHTTPステータスコードのことです。

これは、WEBサイトクライアントの要求に対応するページが既に存在しない、
つまり「ページを削除した理由などで、WEBサイトのページコンテンツが表示されなくなった状態」のことです。

この状態でユーザーがたくさんHTTP404のページへ流入してしまうと、Google検索エンジンの評価が大きく下がってしまいます。

これを避けるためにもHTTP404へアクセスがあった場合に、すぐに通知があって気づける状態にすることが望ましいです。
今回は、Google Analytics4 で「HTTP404」だけを独自のイベント名で設定する方法をご紹介します。

これを実行すれば、「ずっとHTTP404の状態で流入が続いてた」「404によりサイト全体のSEO評価と検索結果の順位が下がった」というミスもほぼなくなるでしょう。

Google Analytics4で404ページタイトルを確認

まず、Google Analytics4の探索でページタイトル別の結果を表示して、「HTTP404のページタイトルが何と表示されるか」を確認します。
※既に把握されている場合は、この確認は不要です。
手順は下記のとおりです。

①Google Analytics4で「探索」を開く
②「ディメンション」「指標」で必要な指標をすべてインポートする。
そして、「ページタイトル」「ページ指標とスクリーン」「ページの場所」などを選択する。
③②から④に表示する「行」「列」「値」の項目を選択して「自由形式」で表を作成する。
④「フィルタ」で「ページタイトル」がステータス404に共通する文字列を見つけて設定する。

当サイトではHTTP404が一律のページタイトル「Hello! My Name Is 404」 で表示されることが分かりました。
これをGA4で新たなイベント名「404_error」として設定していきます。

GTMでHTTP404のイベント名を設定

GTMで変数、タグ、トリガーの順に各種設定を行います。

変数の設定

まず、変数の設定です。
ページタイトルを有効にするために、下記のようにJava Script変数を有効にします。
変数名はGTM内で区別できる任意の名称で設定します。

トリガーの設定

次にトリガーの設定です。
先ほど設定した変数とGA4の「探索」で確認したタイトル名の中に共通で含まれる文字列を設定します。
トリガー名はGTM内で区別できる任意の名称をつけます。

タグの設定

最後にタグの設定です。
GA4で表示させる「イベント名」は後から変更するとデータが途切れてしまうので、慎重に考慮して決めましょう。
その他、GA4のプロパティ、変数、トリガーは該当のものを選んで設定しましょう。

GTMでタグの発火確認

設定できたらGTM、GA4で動作確認します。
まずGTM側での確認です。
公開する前に正常に作動するか「プレビュー」モードで必ず確認しましょう。
発火したタグ一覧が確認できる画面と、実際のURLを入力できる画面の2つが表示されます。
当サイトでは複数のタグを発火させていますが、先程設定したタグが「Tags Fired」の欄に表示されているか確認しましょう。
上記の設定したタグをクリックして、これまでに設定した内容を確認します。
問題なければGTMのこれまでの設定を最終確認して、「公開」すれば本番反映されます。

GA4で動作確認

念の為にGA4でも反映されているか確認しましょう。
下記の「DebugView」で設定したイベント名が表示されれば成功です。

まとめ

Google Analytics4でHTTP404をイベント名で記録、自動通知する設定手順は以上です。

運用中のアカウントで取り入れて、サイト運用の建全化に役立てば幸いです。
最新情報をチェックしよう!