GA4のリンククリック設定~GA4内とGTM経由で比較~

Googleが提供するWebサイトの解析ツール「Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス|以下、UA)」のデータ収集及び利用を、2023年7月1日に終了すると、2022年3月16日にGoogleから発表がありました。

これに伴い、UAからGoogle Analytcis4(以下GA4)への移行しなければならないことは、UAをお使いの方はご存じかと思います。

今回はGA4のイベント設定「リンククリック」について
・GA4内だけで設定
・GTMと連携して設定
のそれぞれの方法について記載しました。

※自社サイトの設定でうまくできた内容を元にまとめています。

GA4とGTMの設定

リンククリックを設定する際の、
・ページURL(クリック元のURL)
・リンクURL(クリックされたURL)

のGA4内、GTM経由の違いは下記のとおりです。
GA4GTM
ページURL①page_location③Event Category
{{Page URL}}
リンクURL②カスタムディメンション
link_url
④Event Label
{{Click URL}}
設定箇所GA4GTM,GA4
①~④の詳細と設定について知見を得ていきました。

①GA4のページURL

これは一番最初くらいに確認する指標で、すぐに覚えるでしょう。
ただ、似たような名前がいくつかあるので、その見極めが必要です。

ページの場所:ドメイン+ディレクトリのURL
ページ遷移+クエリ文字列::ドメインを除くURL
ページ階層とスクリーンクラス:ドメインを除くURL

それぞれ確認して、使いやすいものを選びましょう。

②カスタムディメンションlink_url

一回分かってしまえば簡単ですが、実は「カスタムディメンション」において登録が必要です。
GA4の指定パラメーターで、この文字列を登録すればAPIでも活用できます。
クリックのデータは、元からGA4の別のイベント名「click」の中に含まれています。

GA4探索でGA4内だけで設定した結果を確認

「探索」でディメンションと指標を選択して、自由形式の表を作成します。
下記が一例で、イベント名に中で「click」に絞り、その次に「link_url」を表示させます。
このようにすることで、リンククリックの表示がGA4内でできるようになります。
次はGTM経由の設定です。

③Event Category、④Event label

既存のUniversal Analyticsに合わせて、GTMで「Event Category」、「Event Label」で設定します。
まずEvent Categoryは任意の名前で漢字、カタカナでも良いですが、「linkclick」にしました。
④Event Labelは{{Click URL}}で入力することで、リンククリックを拾ってくれます。
同様にGA4側でも設定します。先ほどと同様に「カスタムディメンション」で設定します。
これで最低限表示させるための設定はできました。

GA4探索でGTM経由で設定した結果を確認

最後に、GTM経由で設定した内容を「探索」で表示します。
先程と同様に、ディメンションと指標をインポートして、指標を選択します。
こちらの方法であれば、データポータルでも表示させることができるので、幅は広がります。
最低限の設定であればGA4だけで設定して、規模の大きいサイトなど細部のデータ確認が必要な場合はGTM経由で設定を行うのが良いでしょう。
最新情報をチェックしよう!