GA4で電話番号のクリックを計測設定

電話番号のクリックをGoogle Analytics4(GA4で計測して、その手順を本記事に記載します。
Universal Analytics(現状のGoogle Analytics)では設定できているものの、GA4への移行後の方法が分からず困っていた方の参考になれば幸いです。

【今回の実装を行うにあたっての前提】
・GTMのスニペットを計測対象のサイトに設定済
・Google Analytics4 を開設済
・サイト内の電話タップのボタン箇所のHTMLコードにおいて「class=”tel”」を設定済

GTMで設定

GTMにログインして、「変数」をクリックします。
そして「設定」より「クリック」配下の「Click ・・」にすべてチェックをいれます。
(Google Analyticsで既に行っている場合は不要です)
次にトリガーを作成します。「トリガータイプ」で「クリックーリンクのみ」を選択します。
トリガー名は任意で付けましょう。ここでは「電話タップ」にしています。
「このトリガーの発生場所」は「一部のリンククリック」を選択の上で、その下の「Click Classes」ではソースコード内に設定されていた共通文字列を設定しています。
次にタグを作成して、「トリガー」で先程の設定したトリガーを紐づけます。
「タグの種類」は「GA4イベント」を選び、「イベント名」は任意で付けましょう。
設定ができたので、次に「プレビュー」を押してプレビューモードへ進みます。
そして対象サイトのURLを入力して、「Continue」を押します。サイトが立ち上がります。
対象サイトの電話タップの箇所へ進み、クリックすることで、GTMプレビューモードに反映されます。
ただし、PCサイトでクリックできず、スマホサイトのみの場合は「デベロッパーモード」にしてからスマホ専用のサイトでクリックを試す必要があります。
※デベロッパーモードのショートカットキーは「F12」(Windowsの場合)です。

「Tag Fired」の配下に設定したGA4イベントタグが表示されれば、タグが発火していることになります。
クリックして詳細も確認しましょう。
問題なければGTMで「公開」へ進み、GA4にも設定が反映されるようになります。

Google Analytics4での追加設定

「どのURLをクリックしたか」も設定したい場合は、追加でパラメーターをGTM,GA4の両方で行えばできます。
GAに近い形で「event_category」「event_label」を設定しましたが、名称は一致させれば任意に変えられます。
電話番号をGA4で計測する方法の手順は以上です。
ホームページからの電話問い合わせをGAから移行する際の参考になれば幸いです。
最新情報をチェックしよう!