Google Analytics4のデータをGASでスプレッドシートに自動出力

Google Analytics4(以下、GA4)の導入が進んでいる中、「運用画面だけではデータが見づらい」「傾向が良く分からない」という声も聞こえてきます。

画面内では左のツールバーからそれぞれのレポートが見れますが、Universal Analytics(以下、UA)と違う点が多いために慣れている方も少ないでしょう。

一部で言われている「Big Queryにデータを出力すれば、外部の表やグラフで見やすくなる」という意見もあります。
ただ設定が大変であったり、有料であるため導入をためらうユーザーも多いことでしょう。

そこでGAS(Google Apps Script)でスプレッドシートに出力する方法を試した結果を本記事にまとめました。
「探索ではディメンションを複数並べると見づらい表になってしまう」
「Big Queryまでは使いたくない」
と思われている方にとって有効な方法になりそうです。

GASの設定

まず、Apps Scriptにご自身のGoogle IDでログインして、Apps Script一覧画面を開きます。

そして、「+新しいプロジェクト」を押して、コードを入力するための画面を開きます。
プロジェクト名は任意で、他のプロジェクトと区別するためのわかりやすい名前を入力します。

そして、左下の「+サービス」から「Google Analytics」を選択して、GA4データを引き出せる設定を整えます。

次にコードを入力します。
分かりにくい部分も多いので、下記シートにサンプルを保存しました。コピーして使えます。
【参考】GA4出力コード

シート内の下記のコード部分について、個別のGA4アカウントやシートIDに応じて該当箇所を変更して使いましょう。
PROPERTY_ID、SPREADSHEET_ID 、SHEET_NAME

スプレッドシートを出力する際は、上部にある「実行」ボタンを押すことで実行されます。

スプレッドシートへの出力

GASを実行した後で、下記のようにスプレッドシートへ出力されます。
Dimension、Metricの項目にある日付、ページタイトル、指標などをいろいろ変えて、目的に沿ったデータを出力することも可能です。

毎朝5時に自動出力

次に、トリガーで「毎朝405時に前日までの結果を上書きで更新する」という設定を施します。

出力したシートの活用例

スプレッドシートの活用方法は様々あります。 ・表、グラフをスプレッドシート内で作成して、傾向を把握しやすいようにする ・Talbaeu、データポータルなどのビジュアライズ(可視化)ツールに接続して、分析用の表やグラフを作成する  (Big Queryに比べてデータ量は限定されるものの、手軽さは増します。 ・関係者から「エクセルでGA4データが欲しい」と言われているので、このシートをそのまま共有、もしくはダウンロードして共有する

GA4データを自動出力で作業効率化

このようにGA4データをスプレッドシートに自動出力することで、毎回決まった作業を行う場合や、定期的にデータをチェックする作業が、スプレッドシートを開くだけで確認することができるようになり便利です。

指標をカスタマイズして、さまざまな方法で試してみましょう。
最新情報をチェックしよう!