Google広告向けアドオン機能で詳細レポート出力

「Google広告のレポート作成を時間をかけずに自動化したい」
Google広告を自社で運用もしくはクライアント先のために運用代行している運用関係者の方は多いことでしょう。

Googleスプレッドシートのアドオン機能を使えば、Google広告からデータを自動エクスポートをできます。
アドオン機能は、Google IDさえあれば誰でも無料で使える「拡張機能」で、キャンペーンレポート、キーワードレポートなど様々なレポートを出力することができます。

最新データの更新に関しても、自動更新の設定時間を「毎朝5時」「毎週月曜日5時」など自由に変えることができます。

今回はその設定と出力できる独自レポートをご紹介します。

Google 広告アドオンのインストール手順

まずスプレッドシートを開いて、「アドオン」→「アドオンを取得」を押して、「Google Ads」のアドオンをお使いのGoogle Chromeにインストールします。

Googleアカウントの認証が済むと、レポートの初期設定画面へ進みます。

アドオンの「Google Ads」から「Create New Report」を開き、レポート対象のアカウント、出力したい項目、フィルタの設定を行います。

項目の一覧は下記のとおりです。
それぞれ目的に応じて、使いやすい並び順や項目を選んで設定しましょう。

■Select account
Google IDに紐づいたGoogle広告のアカウント一覧から、出力対象のアカウントにチェックを入れます。
複数のアカウントを同時に選択することも可能です。

■Select a report type
Campaign、Adgroup、Keywordなど様々なレポートの種類の中から1つ選べます。後半で、いくつのレポート形式を紹介しています。

■Name your report
スプレッドシート内のタブ名を記載します。
文字列が完全に一致しないと新たに別タブを作成されてしまうので、注意しましょう。

■Choose columns
レポートタイプに応じて、セグメントや指標を選べるので良く使うものをここで選びましょう。後から変更することも可能です。

■Apply filters (optional)
すべてのデータを出力すると膨大になってしまう場合などは、ここで絞り込みます。
フィルタ例:「Impression>0」

アドオン機能によるレポート出力

下記にいくつかのレポートタイプを設定してみました。
1つのスプレッドシートに出力上限数があるので、必要な分だけ設定するのが良いでしょう。

ただ、1つ1つの設定の反映が鈍く、「反応が遅いな。。」と思ったあげく、その内容が変更されてない場合もあります。

そのような時は、アドオンから手動で「Refresh reports」を押せば、スプレッドシート内に改めて結果が出力されるので試してみましょう。
また、最新情報を自動更新したい場合は、「Edit a report」から右下に出てくる「Schedule」にチェックを入れれば自動更新されます。

このようにしてGoogle広告の結果を自動的にスプレッドシートへ出力することができます。
レポートの最初の6,7行は出力条件やサマリーで、13行目以下に個別項目のrawデータがすべて表示される構成です。
このデータをエクセルにコピーして使うこともできますし、データポータルや分析ツールに読み込んで詳細分析を行うこともできます。

アドオンでしか出力できない独自レポート

ここで「Googleデータポータルがあれば、スプレッドシートを間に挟む必要はないのでは?」と思われた方もいるでしょう。
詳細に比較した記事はこちらをご覧頂きたいですが、確かにGoogleデータポータルがあれば直接Google広告のアカウントと接続して、グラフや表を作成できて早いです。

しかし今回のアドオン機能を使う方法では出力範囲が異なり、Googleデータポータルでは取得できない項目もあるのです。

例えば、下記の指標です。
・自動入札キャンペーンの「目標コンバージョン単価」の目標CPA
・検索レスポンシブ広告の広告アセット
・サイトリンク
・除外キーワード
・広告グループの上限入札単価の設定値

もちろんこれらは運用画面でそれぞれ確認できますが、
「キャンペーン別/月別にエクセルにまとめたい」
「アカウントやキャンペーンがたくさんあって、それらのデータをまとめて整理された状態でみたい」
となった場合に、今回のアドオン機能を使って見たほうが時間がかからないし傾向がつかみやすいのです。

実際に出力されるレポートの一部を記載します。

広告表示オプションの詳細レポート

「Select a report type」で「Ad extensions」を選択して、必要な項目を選びます。
下記のように、サイトリンク、コールアウト、構造化スニペット、電話表示オプションなどの一通りの結果をまとめて出力できます。

広告アセットの詳細レポート

レスポンシブ広告のアセット内容とその結果をみたい場合は、「Select a report type」で「Ads」を選択します。
レスポンシブ検索、レスポンシブディスプレイ、カルーセル、動画広告などタイプ別にアセット項目をすべてまとめて出力できるので、便利です。

除外キーワードの登録一覧

「Select a report type」で「Negative keywords」を選択すれば、登録した除外キーワードが見れます。
「除外キーワードリスト」は「どこのキャンペーン/広告グループに関連づけたか」が見れるだけで、リストの中身は運用画面でしかみれません。
一方、リスト外で登録した除外キーワードは、すべてここで出力されます。

しかも、MCCの全アカウント分を一気に出力できるので、運用画面で1個ずつ切り替えるより楽です。

ランディングページの詳細レポート

最終先リンク先URLを、広告だけでなくキーワードやカスタマイザなどで設定した場合は統括的に確認しづらいので、ここで「Select a report type」から「Landing page」を選択して見ることをお勧めします。
他にも「モバイル速度スコア」「コンバージョン トラッキング対応率」も見れて便利です。

コンバージョン単価の設定値推移

「Select a report type」で「Campaign」を選択して、運用画面で設定した「目標コンバージョン単価」の推移を可視化します。
目標値をいくらに設定したのか記録ししておかないと忘れてしまうと思うので、ここで行います。 
「目標コンバージョン単価」についてスプレッドシートのアドオンの設定では、「Choose columns」の指標の中から該当するものにチェックを入れます

・Avg. target CPA ← 実際に出稿した結果としての「平均コンバージョン単価」 
・Target CPA ← 運用画面で設定した「目標コンバージョン単価」

データを出力すると、キャンペーンレポートの「Avg. target CPA」「Target CPA」がスプレッドシートに出力されました。

これをデータポータルに接続して時系列のグラフで可視化したいのですが、タイトル列が先述のとおり13行目なので、別のタブに数式で自動転記するなどして1行目から下に並べ替える必要があります。

並び変えた後のタブをデータソースとしてGoogleデータポータルで接続すれば、表やグラフを作成することができます。
設定した目標コンバージョン単価「Target CPA」と実際の結果「Avg. target CPA」をグラフにまとめました。
これで乖離があるかどうか見えてきます。

「Target CPA」を設定するのは自動入札「コンバージョン単価」を導入しているキャンペーンだけです。
全キャンペーンのデータが混ざると傾向もつかみづらい場合があるので、その時は下記のような工夫が必要です。

・「ラベル」で「自動入札CPA」などを付けて選別して、スプレッドシートに一緒に出力した上でデータポータルでフィルタをかける
・データポータルで「キャンペーン名に〇〇を含む」などフィルタによって目標コンバージョン単価を設定したキャンペーンだけ抽出する

このようにすることで必要な部分だけ抽出できて、より精度の高い分析ができるようになります。
運用画面でも数値の比較はできますが、時系列で見れるのはこのように自動更新で手間をかけずにグラフ表示させるほうが便利でしょう。

期間やキャンペーン範囲もアドオン設定で変更できるので、見たいセグメントを自在に変えることができてとても役に立ちます。

まとめ:Google広告のアドオン機能で独自レポートを出せます

このように、スプレッドシートのアドオン機能によってGoogle広告のデータを自動出力して、都度更新されるデータを元に表やグラフに可視化させることができるようになります。

今後もこのアドオン機能はどんどん進化していくはずですので、出力作業の短縮化や範囲の拡大も多いに期待できることでしょう。

Googleデータポータルや他のレポート作成ツールと目的や範囲を使い分けて、効率的な運用業務の管理に繋げる参考になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!