Google広告スクリプトのコード例(各レポートの指標部分)

  • 2020年10月17日
  • 2022年6月23日
  • WebAds

以前に「Google広告スクリプトを使ってスプレッドシートでデータを自動出力する方法」をご紹介しました。
(属性によってコードが一部変わります)

    var report = AdWordsApp.report(
    ’SELECT Month, CampaignName, AdGroupName, Device, Impressions, Clicks, Cost, Conversions, AllConversions, AveragePosition, SearchImpressionShare‘  +
    FROM ADGROUP_PERFORMANCE_REPORT ‘ +
    ‘ DURING 20220101,20221231 ‘);

上記は「広告グループ」の出力例ですが、それとあわせて「キャンペーン」「キーワード」などの別の属性のコードも一覧で下記に記します。

Google広告で設定する時は、黄色黄緑色の部分をそれぞれ置き換えて前後を整えれば、適正に出力されます。

広告グループ(FROM ADGROUP_PERFORMANCE_REPORT

    ‘SELECT Month, CampaignName, AdGroupName, Device, Impressions, Clicks, Cost, Conversions, AllConversions, AveragePosition, SearchImpressionShare ‘

キーワード(FROM KEYWORDS_PERFORMANCE_REPORT

    ‘SELECT Month, Criteria, CampaignName, AdGroupName, KeywordMatchType, FinalUrls, Impressions, Clicks, Cost, Conversions, AveragePosition, QualityScore, SearchImpressionShare, HistoricalCreativeQualityScore, HistoricalSearchPredictedCtr, HistoricalLandingPageQualityScore’

検索クエリ(FROM SEARCH_QUERY_PERFORMANCE_REPORT

    ‘SELECT Month, Query, CampaignName, AdGroupName, Impressions, Clicks, Cost, Conversions, AllConversions, AveragePosition’

拡張テキスト広告(FROM AD_PERFORMANCE_REPORT

    ‘SELECT Month, CampaignName, AdGroupName, AdType, HeadlinePart1, HeadlinePart2, Description, Path1, Path2, ImageCreativeName, ImageCreativeImageHeight, ImageCreativeImageWidth, CreativeFinalUrls, CreativeDestinationUrl, DisplayUrl, ImageAdUrl, Impressions, Clicks, Cost, Conversions, AllConversions, AveragePosition’

広告カスタマイザ(FROM AD_CUSTOMIZERS_FEED_ITEM_REPORT

    ‘SELECT CampaignName, AdGroupName, FeedId, FeedItemId, FeedItemAttributes, GeoTargetingCriterionId, KeywordTargetingText, Impressions, Clicks, Cost, Conversions, AllConversions, AveragePosition’

地域別(FROM GEO_PERFORMANCE_REPORT

    ‘SELECT CountryCriteriaId, RegionCriteriaId, CityCriteriaId, Month, AdGroupName, CampaignName, Impressions, Clicks, Cost, Conversions, AllConversions, AveragePosition’

プレースメント別(FROM PLACEMENT_PERFORMANCE_REPORT

    ‘SELECT Month, Domain, DisplayName, IsBidOnPath, IsPathExcluded, CampaignName, AdGroupName, Impressions, Clicks, Cost, Conversions, ViewThroughConversions ‘

■良くある質問、最新情報

Q)期間はどれを選んだら良いでしょうか?
A)使う目的やデータ量にもよりますが、最初は下記の基準で考えることをお勧めします。
 ・将来的に過去のデータを保存しながら、この機能を使おうと考えている→「今年の1月1日~12月31日(←未来)」で1年に1回だけ更新します
 ・データを保存するつもりはなく、直近のデータを見るだけで良い→「LAST_7_DAYS」「LAST_30_DAYS」で設定すれば、上記の翌年に書き直す作業も発生しません

Q)Big Queryなど他の方法で出力するのではどう違いますか?
A)記事「Google広告のレポート自動化に向けて3つの方法を比較してみた」に比較表をまとめましたので、ご覧ください。

最新情報をチェックしよう!