サーチコンソール(Search Console)について
Webサイトへの流入検索キーワードやSERPs(検索結果画面)からのCTR(クリック率)などを調べるのにGoogleサーチコンソール(Google Search Console)を使われている方は多いでしょう。

画面内の「>Search Console>検索アナリティクス」を選べば、これらの結果を見ることができます。
しかし、表やグラフをカスタマイズしようと思っても一度に999件のデータしかダウンロードできないため、一部のデータしか見れないことが大半です。

データをスプレッドシートで集計する
そこでGoogleの「Search Analytics for Sheets」アドオン機能によってスプレッドシートへの転送を試みます。
スプレッドシートであれば1シートあたり最大20万セルまでデータ保存が可能です。
データ量に応じて「1年分で1シート」「6カ月分で1シート」など調整して、下記の方法によって完全自動で定期的にサーチコンソールのデータを取得できます。

本記事では、そのSearch Analytics for Sheetsの使い方を以下にまとめました。

スプレッドシートのアドオン機能の設定

サーチコンソールの開設、初期設定が済んでいる前提で、スプレッドシート側の手順を下記に記します。

1.「Search analytics for sheets」のアドオン機能追加

スプレッドシートのファイルを開いて、下記の順にアドオン追加の操作を行います。

  1. スプレッドシートのツールバー「アドオン」→「アドオンを取得」を取得
  2. Search analytics for sheets」の「無料」ボタンをクリックして、スプレッドシートのアクティブ機能として取りこむ
    (この際にSearch analyticsからGoogle IDへの連携リクエストを聞かれるので「許可」を押します)
  3. 成功すれば、ツールバー「アドオン」内に「Search analytics for sheets」が追加されます

2.(基本編)手動でサーチコンソールのデータを出力する

次にサーチコンソールのデータをスプレッドシート上に自動出力する設定を行います。

    1. ツールバー「アドオン」→「Search analytics for sheets」→「open side bar」をクリックします。しばらくすると右側に設定画面が開きます
    2. タブ「Request」を選んだままで、各項目の設定を個別に行います。
      「Verified Site:」→検索データを取得するSearch Consoleアカウントを選択
      「Group By:」→取得データを選択。Date、Device、Query、Page、Countryの掛け合せが可能ですが、すべて取り込むとデータ量が膨大になるので、必要な項目だけ設定するようにしましょう。
      「Results Sheet:」→取得データを出力するシートを選択。用意していなければ「Create New Sheet」のままでOK。
    3. 「Request Data」→API実行

    このようにして、データが出力されます。

    3.(応用編)自動で毎月3日にSearch Consoleの先月分データを出力する

    右側のタブを「Backups」に切り替えて、手動と同様に下側の項目を設定します。
    当方では上限20万セルを考慮して「Page」×「Query」「Device」×「Page」を別々のワークシートへ出力することを推奨していますが、サイト規模や目的に応じて変えていきましょう。

    「Email me backup status:」バックアップが自動実行された後にメールが届く機能です。
    「Run a backup cycle right away:」今すぐにバックアップを実行する機能で、初めての場合は過去

    実際に自動出力したデータが下記です。

    「Apr 2018」は2018年5月3日に4月分のデータが自動生成されたシートです。
    これならシート名を見れば、どの月のデータか一目でわかりますね。

    このデータをそのままダウンロードして分析用に使うことも可能ですし、Tableau用のデータソースとして使うことも可能です。

    Search analytics for sheetsはどのような場合にお勧めか

    Search Consoleのデータ出力方法は今後も多様化するかもしれないですが、
    どの方法がお勧めかは事業規模や諸条件によって変わってきます。

    本手法を取り入れるかどうかの分かれ目テキストが入ります。

    TableauのようなBIツールがあるかないか(もしくは今後どうするか)
    Big Queryのようなデータマネジメントプラットフォーム(DMP)があるかないか

    これをふまえてタイプ別に分けると、下記のようなイメージになります(様々な外部要因がある為、全てのケースにおいて正しくはないです)。

    こんな方①:Tableauを使っているが、Big Queryのようなデータプラットフォームはない

    ⇒上記の方法で分析をすれば、データ集計時間が大幅に削減されます。詳細は下記記事をご覧ください。

    サーチコンソールのデータをTableauで図表化してみた
    サーチコンソールのクエリとGoogle Analyticsのページタイトルを1つの表にまとめた

    こんな方②:Tableauを使っている、かつBig Queryのようなデータプラットフォームもある

    ⇒上記方法では全データを保存できない場合があるので、併用もしくは簡単な分析や可視化の際に使うことをお勧めします。主に大企業の場合が多いでしょう。

    こんな方③:Googleデータポータル(無料)で、主要な部分だけ可視化・分析できれば良い

    ⇒完全に無料でデータを可視化・分析したい方は、上記方法を使わずGoogleデータポータルのカスタマイズに注力することをお勧めします。費用と時間をかけずに準備をして、かつ効果的な分析をしたい方向けです。

    GoogleデータポータルでGoogle広告を可視化するポイント
    GoogleデータポータルでGDNイメージ広告の表結果に実画像を表示してみる

    ※GoogleデータポータルでSearch Consoleのデータを可視化する記事は現在執筆中です

    まとめ:Search Consoleをスプレッドシートに出力すれば各段に便利になります

    このようにSearch Consoleのデータをスプレッドシートに出力すれば、そこから他のツールへの展開やデータの利活用など大幅にできることが増えます。

    何よりも一度覚えてしまえば、複数のアカウントで同様の作業をするだけで済むので、管理の大変さも格段に減ります。

    是非一度は試してみましょう。