広告運用のデータ集計時のミスを減らす方法

広告運用の作業において、データ集計の作業は避けてとおれないものです。
広告運用に限らずですが、エクセルやCSVでダウンロードして整理したり数式で自動変換したりするでしょう。

このデータ集計の作業ですが、、

集計ミスを0にするのって、大変ではないですか?
広告業界でも「自動化しよう」「効率化しよう」と何年も前から業界全体で言われ、いろんなツールも出ました。

しかし、自動化や効率化の手前のデータ集計で中々うまくいっていないのが現状で、その原因は仕様が変わって集計内容が同じに止まらないからでしょう。

「3年、4年と毎月のデータ集計作業が全く変わっていない」という会社はないのではないでしょうか?
(もしあったとしたら、その会社は競争に乗り遅れてると思いますし^^;)

データ集計の作業の中で「提出資料の合計が運用画面と一致してない」「細部を見たら数値がずれていた」ということは非常に良く起きています。

良く言われるように、ミスは誰にでもあるものです。
0にするのは無理でしょう。
ただ、「ミスしたら気づけるようにする」ということはできるはずです。
それをチームに浸透させることもできるはずです。

今回は長年作業してきた中で、集計ミスを0にするためのコツについて、ご紹介します。

今回行うデータ集計作業の手順

今回の前提と作業手順は下記です。当ブログで推奨のスプレッドシートを使います。
1.Google広告のDLデータを細分化した「①rawデータ」を保存するタブを用意する
(今回は例として、キャンペーン×月別のレポート、CV×月別レポートの2つ)
2.その横にそれぞれ「②集計・可視化用」「③一致確認用」のタブを用意する
3.一連の作業をできるだけ効率化・自動化できるように、各データを整理する

①rawデータの一致確認

最初に運用画面のデータをダウンロードする作業があり、ツール内のレポート画面からダウンロードする場合が多いでしょう。
そしてrawデータをスプレッドシートやエクセルに貼り付けます。
その際に、合計値をすぐに確認できる欄をシート内に用意しておきましょう。

そうすることで、貼付け間違いに気づいてすぐに修正できます。
これをせずに後からrawデータが違っていたとなれば、やり直しによる時間ロスが大幅に増えてしまいます。
そういったリスクを減らすためにも、貼り付けたrawデータの合計をすぐに確認する数式を余白にセットしておきましょう。

②集計・可視化データと元データとのずれの確認

rawデータを集計できた次は、集計したデータを表にまとめたり、グラフに可視化したりするでしょう。
この時も、都度運用画面やrawデータの数値と矛盾がないか意識しながら作業を進めましょう。

ここで確認に時間を取り過ぎるのは本末転倒ですし、わざわざそのための検算用のセルを用意するまでしなくとも、あまり時間をかけない範囲で確認して、もし違っていた場合にすぐ気づけるように意識を少しだけ向けましょう。

③一致確認用 のクロス集計表で改めて確認

rawデータの合計値を②集計・可視化データとは別に、③一致確認用のタブを用意します。
rawデータが月別×キャンペーン別であれば、月ごとの各キャンペーンの合計を数式で見れるように設定しておきましょう。
ここで月、キャンペーンを順番に並べておけば、仮に数値がずれたとしてもどの部分なのかすぐに分かります。

「②集計・可視化用」では提出用に合わせてデータを整形しているので、間違った場合もが該当する箇所がすぐに見つからないかもしれません。その時に「③一致確認用」で細分化されたデータによって見つけられれば時間短縮に繋がります。

これを毎週行っていると、ちょっとした時間の差でも大きな違いになりますね。
チーム内で連携して作業したり代打で別のメンバーに依頼する場合もあるので、「③一致確認用」のタブがあると尚更良いです。

広告データの集計ミスを0にするために

データ集計をしてミスを内容にする方法を紹介してきました。
数値チェックは地味な部分ですが、毎月や毎週行って複数案件になる会社となると、やり方一つで大きな作業時間の違いになって、外向きに提供できる価値の違いにも繋がっていきます。
何よりこういったミスが多いとストレスもたまってくるので、精神的な部分を考えても疎かにできない作業のはずです。
会社やチーム全体で、時間のロスを防ぐためにも是非考える時間を持ち、生産性向上のヒントになれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!