Google広告の月別全体結果をTableauで可視化してみた

Google広告の結果を分析する為に運用結果をエクセルでダウンロードして、Google Data Studio、BIツールで分析したりしますが、この集計に時間がかかる上に傾向や改善策を見つけるのはいつの時代も苦労します。

そこでBIツールTableauによる分析用ダッシュボードを作成してみました。

※前半作業であるデータ集計は下記の記事をご覧ください。
スクリプト機能でスプレッドシートへ自動出力

今回はスプレッドシートからTableauへ接続した後について記載します。

検索広告の最新月ダッシュボード

キャンペーン、広告グループ、キーワード、検索クエリ・・・
など見るべき画面が多くてすべてを細目に見るのは難しいですが、
この1枚のダッシュボードでまとめて昨日までの最新結果が見れる状態になりました。

しかもキャンペーン、広告グループを1個単位でフィルタにかけられるので、注目したい部分だけ抜き出すことが可能です。

次に最新月だけでなく今年一年の結果を月別にまとめたダッシュボードです。

「最新月ダッシュボードで今月の結果はわかったけど、先月以前はどうたったっけ?」と思ったときにこれで今年一年の月別の全指標結果が見れたらすごく便利ですよね。

こちらもキャンペーン、広告グループ別にフィルタが絞れて、すべての結果が連動して切り換わります。

キーワード結果のダッシュボード

続いてキーワード別の結果のダッシュボードです。
広告グループ内のキーワードの品質スコアの要素を費用順に並べた図表です。
左側の棒グラフは上から順に「LPの利便性」「広告の関連性」「推定クリック率」の合計に対する割合を色別に表示したものです。 色分けした凡例は「平均より上」「平均」「平均より下」「評価なし」の4つです。 そして横にキーワードを費用順に左から並べ、縦は月別に最新月を上から並べています。
右側の表は同じく費用順にキーワードを上から並べて、月別に分けて表示しています。 左右のグラフと表はフィルタによって抽出した広告グループ、月範囲が同じになるようにしてあります。

これを元に例えば次のようなことがわかります。
・ある月を境に「平均より上」が減って「平均より下」が増えた
→その月の変更内容によって悪化している可能性がある
・あるキーワードの「LPの利便性」がすべて(100%)「平均より下」になっている
→LPの内容が検索クエリ、広告文とマッチしていない可能性が高い

運用画面を見るだけでここまで把握することは不可能ですし、Googleデータポータルや他のグラフ化ツールでもここまでカスタマイズするのは難しく、Tableauだからこそここまで見れるのです。(筆者はTableauを勧めたい訳ではなく、現状で一番良いツールとして説明しています)

これまで何度かGoogle広告の仕様変更に合わせてダッシュボードの中身と本記事を更新してきましたが、今後も機能や分析技術は日々進歩していくので、引き続きバージョンアップさせていきます。

最新情報をチェックしよう!